• ホーム
  •  > 調味料
  •  > 【放射能検査済】沖縄県産 いのちは海から 粟国の塩 釜炊 500g

【放射能検査済】沖縄県産 いのちは海から 粟国の塩 釜炊 500g

販売価格:1,200円(税込1,296円)
数量

いのちは海から粟国の塩(釜炊)

日本人に不足しがちなミネラル、カルシウムが豊富な「加工されていない塩」


塩にも「加工された塩」と「加工されていない塩」があるの知っていましたか?
加工された塩には栄養、ミネラルは入っていまん。
ただしょっぱいだけの高純度の調味料。これをたくさん食べると高血圧などとよばれるような症状が出てくるのではないか?といわれています。

日本の海から作られる加工されていない塩こそ日本人に不足しがちなミネラル、カルシウムが豊富です。
「塩」という字は「人」が「口」にすると「血」になる「土」と書きます。溶かして点滴にも使えるような塩こそ体にいい理想的な塩だそうです。

粟国村近海から汲み上げた海水を採かんタワーに流し、10日間昼夜休みなく水分を蒸発させ、さらに平釜で30時間煮詰めた後、脱水・乾燥に2週間、約1ヵ月かけてできる海の結晶です。

減塩などせず、お味噌汁をつくる際も少量の塩を入れたり、玄米、白米、雑穀を炊く際も3合で小さじ1杯の塩を入れて炊くのもおススメです。

体を冷やさず温めてくれる塩


体を冷やさず温めてくれる塩
塩は食品の中でも一番「陽性」で体を温めてくれるのです。お肉を食べなくても熱を保ちます。

生野菜、大豆製品などは体の冷やしてしまう食材なのですが、塩をプラスすることで体が冷えず体内が温まります。
体が温まると、体温も免疫もあがり風邪などひきにくくなります。

放射能測定にて放射性物質不検出を確認したお塩です。


未検出の公開はもちろん、検出の情報を知ることも子どもたちの未来を守ることにつながるとの理念より検査の情報をHPにて全て公開します。

放射能測定にて放射性物質不検出を確認したお塩です。

プロジェクトフードは市民測定所と連携しています


■主に厚木市民測定所をメインに測定しています。

プロジェクトフードでは、厚木市民測定所(通称:ままラボ)を中心に、各市民測定所と連携し放射能測定を行っています。
測定結果はまず、連携する「市民測定所グループサイト」にて公開されます。これにより、客観的に検証しWチェックを行い「未検出」と判断されたものをお客様へ販売します。
スペクトル上に存在の可能性の疑いがある場合は、連携する他の市民測定所にてゲルマニウム半導体検出器での再測定、スペクトルの分析などのクロスチェックを行います。未検出であっても、スペクトルの分析、クロスチェックの結果を第3者を含めて検証し、福島原発由来のセシウムの存在の可能性が高いと判断された場合、販売は致しません。

放射性セシウムの基準値

空間線量も食べ物の基準も明確な答えは誰も持っていません。わからないからこそ最善を尽くす…。
それは我が子の手をつなぎ横断歩道を渡ることと変わりません。


国の基準値プロジェクトフード
一般食品100bq/kgセシウム134、セシウム137
それぞれ
0.5〜1bq/kg
乳幼児食品50bq/kg
牛乳 50bq/kg
飲料水10bq/kg
※国の基準値はヨウ素131、セシウム134、セシウム137などの合算値での基準です。

お客様へ安心できる商品をお届けするため、プロジェクトフードでは生産者・メーカーへ、各商品の収穫〜加工製造〜出荷販売の周期を把握し、的確な放射能検査に努めております。
更に、肥料・餌・使用原材料などの変更を把握できるよう一定の期間で調査を行います。
そのうえで、商品ごとの特性を考慮し、検査を実施致しております。

配送方法について


こちらの商品は、2個までのご注文はゆうパケットでの発送、3個以上のご注文につきましては西濃運輸にて発送させていただきます。

商品詳細


品名沖縄県産 いのちは海から 粟国の塩 釜炊
原材料海水(沖縄県・栗國島)
製造加工地沖縄県
製造工程天日・平釜
内容量500g
保存方法直射日光および高温多湿を避けて保存して下さい。
放射能測定結果cs-134
検出限界値0.71Bq/kgにて不検出
cs-137
検出限界値0.76Bq/kgにて不検出

粟国の塩 放射能検査結果はこちら(PDFダウンロード)

測定日2015年5月25日
測定機関名厚木市民測定所